中部、2013年冬スケジュールで国際線旅客便が週間276便に増加

中部国際空港の国際線旅客便の2013年冬スケジュールは、期初当初で前年より3便多い週間276便になる見通しだ。

タイ国際航空(TG)のバンコク線が週2便増加し、ダブルデイリーの運航となるほか、ベトナム航空(VN)ハノイ線は週1便増便し、デイリー運航となる。また、大韓航空(KE)ソウル線は週4便増加し、週18便運航となるなど、3社の増便がプラスに寄与した。

一方、減少したのは全日本空輸/ANA(NH)の上海線で、冬期スケジュール期間は運休となる。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…