南ドイツとオーストリア旅行関係者が来日、サウンド・オブ・ミュージック50周年など最新情報を提供

ドイツ観光局とオーストリア政府観光局は共同で旅行業界向けのセミナーとワークショップを開催した。両局が共同イベントを開催するのは2012年に続き2回目のこと。セミナーでは、南ドイツ2州(バイエルン州、バーデン・ビュルテンベルク州)とオーストリアから日本市場へのプロモーション担当者が来日し、現地の最新情報や2015年のイベント情報などを提供した(2015年イベントは下段で紹介)。

今回来日したドイツ・バイエルン州とバーデン・ビュルテンベルク州の2013年日本人宿泊数は2州あわせて延べ57万676泊。ドイツ全体での日本人宿泊数が130万泊だったことから算出すると約45%程度のシェアを誇っている。また、ドイツ全体では2013年の外国人旅行者数が過去最高の7000万泊を記録。ドイツの観光関係者は、さらなる日本人旅行者の増加を目指して来場した旅行会社の企画担当者などに熱心に情報提供を行った。

また、プレゼンテーションを行ったオーストリア・ウィーン市の2013年日本人宿泊数は30万5929泊。この宿泊数は、アジア市場で中国・アジアを抜く首位、全体では10位だったもの。2013年の全体の宿泊数は、ドイツ同様に過去最高の1271万9000泊を数えており、日本市場担当のアンドレア・ブックスバウム氏は、同市が発行する旅行者用「ウィーンカード」が欧州でベストトラベラーズカードに選定されたことや、ICCA(国際会議協会/International Congress and Convention Association)の2013年世界国際会議ランキングで同市が3位になったことなどをアピールした。

紹介された南ドイツ、オーストリア国内で予定されている2015年の周年イベントは以下のとおり。

【ドイツ】

  • カールスルーエ300年祭(カールスルーエ): ハイデルベルクから北に50キロほどのカールスルーエ市が誕生した1715年から300年を祝う。市内では様々なイベントが用意されるが、特にメディアアートに関係する新しい情報技術や理論の研究も行なわれている「アート・アンド・メディア・センター」では、300日間にわたって日替わりのイベントが行われる。

【オーストリア】

  • サウンド・オブ・ミュージック50周年(ザルツブルグ): 世界的にヒットした同映画が撮影された1965年から数えて50周年を迎える2015年。トラップ家を招いた大イベントやマリオネットなどを使った再演などが行われる予定。

  • リング通り150周年(ウィーン市): 1865年にフランツヨーゼフ1世皇帝がリング通り開通を宣言してから150年。観光施設が様々な特別プログラムを用意する。博物館などで特別ガイドツアーも。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…