オーストラリアへの日本人旅行者が3ヶ月連続で増加、2年ぶりの回復基調に

オーストラリア政府観光局(TA)は、オーストラリア政府統計局(ABS)の最新結果を発表。それによると、2014年7月のオーストラリアへの日本人渡航者数は前年同月比8.7%増の3万1100万人となり、およそ2年ぶりに3ヶ月連続で前年を上回る結果となった。5月は同12.1%増の1万9500人、6月は同6.5%増の1万6400万人。

TAでは、さまざまなメディアとのタイアップ、SNSによるキャンペーンなどを行っているほか、現在、航空会社、旅行会社、州政府観光局をパートナーに30〜59歳の大人に上質な旅を提案する「私のイチオシ・キャンペーン」を展開。今後はオーストラリアの食とワインの魅力を訴求する「美食大陸オーストラリア」キャンペーンを実施していくほか、来年1月に開催されるAFCアジアカップ・オーストラリア2015にも協賛する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。