ターキッシュ・エアラインズ、米国行き機内の電子機器持込み制限で対応、Wi-Fi無料提供や搭乗ゲートでデバイス預かりなど

ターキッシュ・エアラインズ(トルコ航空)はイスタンブール発の米国行きフライトで、搭乗ゲートでタブレットやノートパソコンを預けた旅客に、機内での無料Wi-Fiの提供を開始した。すでにビジネスクラスでは無料Wi-Fiサービスを行なっているが、今回はエコノミークラスの旅客にも提供する。

これは米国および英国政府が2017年3月に設定した、航空機内の電子機器の機内持ち込み品の規制を受けたもの。スマートフォンより大きな電子機器が対象のため、ターキッシュ・エアラインズではあらかじめ受託手荷物として預けない電子機器で、スマートフォンより大きなサイズの場合は、搭乗ゲートで電子機器を預かり、機内貨物室の特別エリアに保管する。

なお、ターキッシュ・エアラインズでは旅客満足度の向上に継続的に努めており、その一環として長距離便エコノミークラスでは高品質ヘッドフォンの導入を開始。米国行きの全便で提供しているほか、2017年5月にはすべての長距離便に導入する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…