スカイマーク、2代目「タイガースジェット」運航、機内で六甲おろしの放送も

発表資料より

スカイマークは2016年に引き続き、阪神タイガースとコラボレーションした特別デザイン機、2代目「タイガースジェット」を就航する。

今年は昨年のデザインを進化させ、虎のマークを大きく中央に配置。タイガースイエローの縦縞模様も加え、躍動感のあるデザインとした。「挑む」をチームスローガンとして日本一を目指す阪神タイガースとともに、スカイマークも神戸空港から全国に挑む姿を表現したという。

また、機内ではタイガース仕様の特製ヘッドレストカバーを設置。搭乗時と降機時には、六甲オルゴールミュージアムが制作した「六甲おろしオルゴールバージョン」を放送する。

運航機材はボーイングB737-800型機(機体番号:JA73NK号機)で、就航予定期間は2017年7月上旬からプロ野球2017年シーズン終了頃まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…