東武トップツアーズ、埼玉県の高校と人材教育プログラムを共同開発、グローバルスタディツアーなど実践へ

東武トップツアーズは、このほど、埼玉県の学校法人「智香寺学園 正智深谷高等学校」と人材教育プログラムの創出に関する協業をおこなうことを発表した。※写真は調印式の模様。東武トップツアーズ代表の坂巻伸昭氏(左)と智香寺学園 正智深谷高等学校の松川聖業理事長。

国際社会で活躍できる「自ら判断できる人づくり」をテーマに、企業と学校それぞれが持つノウハウを活用したキャリアプログラム「グローバルスタディツアー&キャリアプログラム」を開発するもの。同校の学生に対して2018年度の新入生以降6年間実施していく計画だ。

プログラムとしては、主に以下の4点を実施予定。調印式に先立って開催された両社代表による座談会では、企業側と学校側の使命に関する意見交換がおこなわれた。

プログラムの概要

『双方のノウハウを生かした、オリジナル複合型キャリアプログラム』

  • 生徒1人1人がゴールを明確にするグローバルビジョンセミナーの実施
  • キャリア教育に必要な、より実践的な企業訪問プログラム
  • 自ら判断し、旅行先を選定するグローバルスタディツアー
  • 判断機会創出プログラム

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。