マリオット系「Wホテル」が日本初進出、2021年に大阪・南船場に開業、27階建て全337室で

マリオット・インターナショナルは、同社ブランドのひとつ「W(ダブリュー)OSAKA」を2021年に大阪南船場に開業する。同ホテルを所有するのは積水ハウス。「Wホテル」としては日本初進出となる。

「W OSAKA」は27階建てで、客室数は、「エクストリームWOWスイート」(1室)、「WOWスイート」(2室)をはじめとした50室のスイートを含め全337室。 各客室のインテリアは、 Wホテルならではの斬新でスタイリッシュなデザインコンセプトを採用する。ブランドのシグネチャーでもあるオールデイ・レストランやバー「WOO Bar」などのダイニング施設のほか、 プール「WET Deck」、最先端のフィットネスセンター「FIT」、スパ施設「AWAY SPA」を備える。また、イベント施設として、自然光を取り込んだ広さ400㎡のボールルームと会議室も設置する。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。