米アトランタ空港で「顔パス」チェックインが可能に、デルタ航空らが生体認証技術を導入

デルタ航空は、米アトランタ空港国際線ターミナルで、生体認証技術の導入を開始する。空港および米国税関国境警備局(CBP)、米国運輸保安局(TSA)と協力して2018年末まで展開するもの。

この取り組みでは、出発ロビーの手荷物預け入れカウンター、手荷物保安検査場、Fコンコースの搭乗ゲート、Fコンコースの国際線到着便の入国審査にセルフサービスのチェックイン機を配置。そこで顔認証技術をオプションとして利用することで、手続きの効率化につながることを期待する。

顔認証オプションを利用する際には、オンラインチェックインの際の案内に従ってパスポート情報を入力(または空港でパスポートをスキャン)。チェックイン機でスクリーンに表示される「Look」の文字をクリックするか、チェックインカウンターや保安手荷物検査場、搭乗口付近に設置されたカメラに顔を向けた後、スクリーン上に緑色の確認マークが点灯した時点で認証完了となる。

CBPとデルタ航空はこれまで、アトランタ空港、デトロイト空港、ニューヨークJFK空港で搭乗時の顔認証試験を実施。ミネアポリス-セントポール空港では、国際戦の手荷物預け入れに生体認証を導入。米国内のすべてのラウンジ「デルタ スカイクラブ」でクレア社の生体認証技術を使ったチェックインを開始している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…