NTTドコモとエクスペディアが提携、日本人の海外旅行で、旅行先決定のツール導入や相互送客など

NTTドコモとエクスペディア・ジャパンは2018年10月19日、日本人の海外旅行サービス分野における業務提携で、合意した。エクスペディアの日本サイト上に、NTTドコモの写真やスポット情報から旅行先を決めて予約ができる「海外渡航先決定支援能」と、タビナカで出発地と到着時、空き時間の入力で観光ルートを自動表示する「街歩きルート提案」の各機能の提供を行なう。

海外渡航先決定支援機能は、10月19日から開始。エクスペディア上の旅行メディア「We♡Expedia」に掲載する写真とスポットから行き先の選択ができる。街歩きルート提案機能は2019年1月以降の提供予定で、カフェやスパなどのジャンル指定や、現在位置をもとにしたスマートフォンでの検索や地図との連携も可能だ。表示されたスポット周辺のアクティビティやツアーなどをエクスペディアの商品から予約できるようにする。

業務提携により、両社は双方の海外旅行者向けメディアを活用した相互送客と利用者利便の向上、会員基盤の強化・拡充を図っていく。さらにNTTドコモは、キーワードやタグに基づくコンテンツ表示や、表示スポットに対応した渡航先予約のリンク生成、記事に対する都市・地域からの検索画面表示、検索条件に基づくルート生成、スポット詳細情報表示機能などを提供する。

海外渡航先決定支援機能のイメージ:発表資料より街歩きルート提案機能のイメージ:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。