楽天、スポーツ観戦施設で完全キャッシュレス化を計画、仙台と神戸のホームスタジアムで

楽天と楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸は、完全キャッシュレス化に対応する「スマートスタジアム構想」を発表した。宮城・仙台市拠点のプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアムと、J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムを対象に展開するもの。

チケットや飲食・グッズなど、スタジアム内で購入できるものについて、スマホアプリ決済「楽天ペイ」や電子マネー「楽天Edy」、共通ポイントカード「楽天ポイントカード」、「楽天カード」や各種クレジットカード、「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種デビットカードで決済可能とする。

また、モバイル環境を活用したサービスや演出、コンテンツの活用、これまでにない次世代の観戦スタイルの提供なども目指して考え。

「楽天生命パーク宮城」では2019年4月2日の楽天イーグルスホーム開幕戦から、「ノエビアスタジアム神戸」ではヴィッセル神戸ホーム開幕戦(近日発表予定)から、順次サービスを強化していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…