グーグル検索ランキング2014発表、外国人が知りたかった日本の「観光地」や「日本食」は?

グーグル(Google)は、このほど2014年の海外からの日本の旅行関連での検索トレンドを発表した。今年発表されたトレンドは、インバウンドに焦点をあわせた内容。外国人が日本の観光・食・工芸品などを英語で検索したキーワード(検索クエリ)の傾向やランキングが発表された。同社・旅行業界 営業統括部長の陳内裕樹氏が「日本の観光を考えるときに検索のデータを紐解くことで(外国人が日本に寄せる関心の)傾向がわかる」として内容を解説した。

*ランキングは下段で紹介。右写真は地域別・カテゴリ別の検索傾向(クリックで拡大)

昨年の結果>>>


プレゼンテーション資料より

海外からの日本の検索傾向については、「衣」・「食」・「住」・「コンテンツ(マンガなど)」・「観光(観光施設など)」の5つのキーワードで分類。トップは昨年に続き「食」関連、続いて「衣」、「観光」の順番となっている(右画像)。今年の傾向として、対前年の伸び率でトップだったのは「衣」で特に欧州の伸びが大きかった。

地域別には、「食」の検索が多いのは北米・欧州・南米、「コンテンツ」は南米、「衣」が欧州と、昨年同様のエリア毎に特徴が明らかになった。陣内氏は、「こうした地域毎の違いに注目してほしい」として、外国人への訪日プロモーションで地域毎の施策をとる必要性があることを指摘した。



▼都市名の検索で「東京+〇〇」が急上昇

ランキング上位に街単位のキーワードも

プレゼンテーション資料より

地域名による検索ランキングでは上位を東京、京都、沖縄など主要都市がしめた(10位までのランキングは以下)。陣内氏は「銀座」や「札幌」という街単位のキーワードがトップ10のなかにランクインしていることから「細分化が始まっているかもしれない」とみている。

また、首位となった「東京」で、ひとつの傾向が見え始めている。これは、「Tokyo」という単独キーワードだけでなく「Tokyo+○○」という複数キーワードによる検索が増えている点。前者は前年比で28.2%増となっており、後者は13.6%増だという。実際に複数キーワードで検索されている内容を見ると、天気、観光施設名などが多いものの、宿泊先探しとして外資系ホテルが検索されている場合もある。宿泊先名称で絞ってみると、上位20位中13件が外資系ホテルのブランド名が入っており、陳内氏は「(キーワードとして発想される)ブランディングの必要性を指摘した。

【都市名別ランキング】 ( )は前年比伸び率

  1. Tokyo 28.1%
  2. Osaka 29.3%
  3. Kyoto 14.5%
  4. Hiroshima 8.4%
  5. Okinawa 18.9%
  6. Hokkaido 15.8%
  7. Ginza8.6%
  8. Nagoya 23.7%
  9. Sapporo 10.5%
  10. Mt Fuji 21.7%

今回紹介されたランキングは以下のとおり。

【日本の観光地・イベントランキング】 ( )内は昨年順位

昨年同様、富士山がトップ。ユニバーサルスタジオ、大阪城など関西のキーワードがランキングをあげているのがわかる。

  1. Mt.Fuji (1)
  2. Hakone (6)
  3. Tokyo Disneyland(3)
  4. Imperial House(-)
  5. Tokyo Tower(5)
  6. Tokyo Sky Tree(6)
  7. SUMMER SONIC
  8. Universal Studios Japan(7)
  9. Tokyo Dome(11)
  10. Shinsekai(17)
  11. Gion(13)
  12. Osaka Castle(12)
  13. Ghibli Museum(9)
  14. Himeji Castle(8)
  15. Tokyo station(-)
  16. Arita(16)
  17. National Theater(-)
  18. Shirakawa-go(-)
  19. Senso-ji(-)
  20. Yasukuni-shrine(-)

(伸び率ランキング)

  1. Kinkaku ji 154%
  2. Shiodome 128%
  3. Edo Castle 119%
  4. Mount Aso 110%
  5. Yasukuni Shrine 108%
  6. Meiji Shrine 108%
  7. Senso ji 106%
  8. Shinjiku Gyoen 106%
  9. Hiroshima Peace Memorial Museum 94%
  10. Osaka Catsle 93%

【伝統工芸品のキーワードランキング】

「Kimono」が首位で伸び率も68.5%でトップとなった。複数キーワードで検索されることが多いのも特徴だという。2位の「bento」は、欧米で続く弁当箱ブームも関係するのかもしれない。

  1. Kimono 68.5%
  2. bento ‐1.2%
  3. geta 15.6%
  4. tatami 28.2%
  5. daruma 11.6%
  6. hashi/chopstick 7.5%
  7. chidori 11%
  8. kushi ‐1.4%
  9. kotobuki 10.9%
  10. shibori 34.4%

【食のキーワードランキング】 ( )内は昨年の順位

和食の世界遺産登録や2015年のミラノ万博の影響もあり「食」カテゴリの注目はトップだが、ランキング内容は昨年と大きな変動はなかった。「Sushi」は不動の1位、2位の「Edamame(枝豆)」となり定着してきている様相が見える。

  1. Sushi(1)
  2. Edamame(2)
  3. Sashimi(4)
  4. Ramen(3)
  5. Tempura(5)
  6. Yakisoba(6)
  7. Mochi((7)
  8. Shabushabu(9)
  9. Teriyaki(8)
  10. miso soup(10)
  11. onigiri(11)
  12. sukiyaki(12)
  13. okonomiyaki(14)
  14. oden(15)
  15. gyoza(16)
  16. dango(13)
  17. takoyaki(17)
  18. unagi(18)
  19. natto(19)
  20. udon(20)

(伸び率ランキング)

  1. kaiseki 95%
  2. onigiri 88%
  3. champon 75%
  4. kushikatsu 75%
  5. nigiri sushi 50%
  6. yakitori 47%
  7. kakigori 44%
  8. tonkatsu 42%
  9. kakuni 38%
  10. takoyaki 37%

(トラベルボイス編集部:山岡薫)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。