スターウッドホテル、会員向けに全ホテルでネット利用無料化、MICE・旅行会社向けプログラムでも

スターウッドホテル&リゾートは、同社のロイヤリティプログラムとして展開するスターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)会員向けに、2015年2月2日から系列のプログラムに参加する全ホテルで客室での無料インターネット接続サービスを提供する。SPG会員がスターウッドおよび同社各ブランドの公式サイト、モバイルサイト、SPGアプリなどのデジタルツールから宿泊予約をすると利用できる。

今回の会員向け無料ネット接続については「旅先で快適にインターネットを利用できる環境は、上質なベッドと同様にもはや必需品のようなもの。新しい特典として認知してもらいたい」(クリス・ホールドレン・スターウッドSPGデジタル担当上席副社長)狙いだ。SPGプログラムが提供しているトラベルプロフェッショナル向けのサービス「SPGプロ」においても、トラベルプロフェッショナルがspg.com経由で予約する場合もSPG会員であれば無料のインターネット接続サービスを利用できる。

同社によると、デジタルツールを利用するSPG会員は年々増加しており、デジタルツール経由の予約数は前年から10%増加。うちSPGアプリの予約は2013年で60%増と急速に成長しているという。モバイルユーザーの増加にあわせ、同社はSPGアプリを含むデジタルツールを強化してきたのが背景だ。今年度は、事前に顧客の要望を登録し、自分だけの滞在ができるツール機能「SPGプリファレンス」を強化。スマートフォンの「SPGキーレス」機能を使ってフロントデスクを経由せずに客室のドアを開錠できるサービスも導入している。

参考記事>>>

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。