東京都の外国人旅行者数2014、3割増の887万人で過去最高、観光消費額は5.5兆円に

東京都がこのほど発表した2014年の訪都旅行者数等の実態調査結果によると、東京都への訪問者数は全体で前年比0.5%増の5億1512万2000人となった。都内での消費額(観光消費額)は5.8%増の5兆5508億8800万円にのぼり、訪問者数、消費額ともに過去最高となった。

このうち外国人旅行者は30.3%増の887万4000人と過去最高を記録。円高の是正や東南アジア諸国でのビザ発給要件の緩和などが好結果をもたらした。宿泊者数は31.4%増の663万5000人、日帰り客も27.0%増の223万9000人と大幅に増加し、観光消費額は35.1%増の7854億800万円になると推計する。

日本人旅行者数も0.1%増の5億624万8000人と微増ながら、過去最高を更新。都内在住者は1.3%減の2億6154万人と減少したが、県外からの訪問者が1.6%増の2億4470万8000人と増加した。国内の景気回復や、海外旅行から国内旅行へのシフト傾向を受けた結果と見ており、観光消費額は2.1%増の4兆7654万8000万円と推計している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。