日本・ベルギー友好150周年、国王来日で観光セミナーなど交流イベントに臨席へ

日本・ベルギー間の友好150周年を記念して、2016年10月11日から14日まで、ベルギー王国フィリップ国王陛下とマチルド王妃陛下が来日される。国王・王妃両陛下は国賓として東京、名古屋、大阪を訪問。天皇皇后両陛下や皇室との親交を深めるほか、二国間の経済や文化的側面の交流につながるイベントに多数臨席される見通しだ。

10-12日は都内で学術関連のシンポジウムへの参加や協定調印、スポーツ関連イベントに加え、都内で開催予定のベルギー観光セミナー「Welcome to Belgium!」への王妃陛下の参加も予定されている。13日は名古屋にて自動車産業関連の記念式典やイベントへの参加、百貨店での「ベルギー展」や商店街を訪問。14日には大阪にて化学業界や学術関連にフォーカスしたプログラムが組まれ、神戸大学とのコラボレーションイベントも計画。その後、能楽堂での能鑑賞のほか、能楽師と対談。ベルギーを代表するジャズミュージシャンであるジェフ・ニーヴ氏、メラニ・デ・ビアジオ氏と名古屋芸術大学オーケストラの共同パフォーマンスなどを鑑賞される予定となっている。

関連記事:

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…