スキーやスノボなどをする人は15%、40代・50代は経験アリも「現在していない」が約6割に ―マクロミル調査

マクロミルはこのほど、ウインタースポーツに関する調査を実施した。それによると、スキーやスノーボードなど冬のゲレンデで行う「ウインタースポーツをする」との回答は全体の15.3%。年代別では20代以下が25.6%で最多となった。

また、「過去に(ウインタースポーツを)していたが、現在はしていない」割合は40代と50代でそれぞれ約6割を占めることが判明した。

スキーやスノボなどウインタースポーツのプレイ割合は以下のとおり。

マクロミル:報道資料より

なお、ゲレンデに行ったことがある人による「ゲレンデに求めること」で最も多かったのは「リフト券の値段が安いこと」(46%)。次いで、「雪質が良いこと」(42%)、「自宅からのアクセスが良く行きやすいこと」(42%)と続いた。さらに、「混雑していないこと」(38.5%)に続き、3割以上が「食事の安さ・おいしさ」を期待する結果となった。

「ゲレンデに求めること」は以下のとおり。

マクロミル:報道資料より

この調査は、2017年1月10日から12日まで実施したもの。調査対象は18歳から59歳まで。有効回答数は2066名。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…