訪日外国人の「熱中症ゼロ」へ、日本気象協会が対策開始、日本で熱中症を経験した外国人が7割超えに

日本気象協会は2018年5月8日から、今年度の「熱中症ゼロへ」プロジェクトを開始した。

今年の気候は、今後3か月は平年より暑く、夏の訪れが早い可能性がある。一方で、同プロジェクトが在留外国人に行なった日本の熱さに関する調査では、79%の回答者が日本の夏を「過ごしにくい」とし、75.5%が「日本で熱中症を経験したことがある」と判明したという。

そこで今年度の活動では、訪日外国人を対象にした熱中症予防啓発を注力テーマに設定。正しい知識と対策を周知する工夫として、英語版の折り紙の仕かけを付けたリーフレットを制作した。表面では応急処置の方法や緊急時の119番通報の仕方の案内や、熱中症の症状と予防対策を紹介する同プロジェクトのウェブサイトの案内を掲載。裏面には折り紙の兜の折り方を紹介し、日本文化に親しみながら熱中症やその対策を知ることができる内容とした。

リーフレットは協力自治体と連携し、仙台市や東京都台東区、京都市、那覇市など14の観光案内所(5月8日現在)で6月から配布を開始。7月には都内の庭園3か所でも順次配布する。都内庭園では7月と8月には和傘の無料貸出も行なう。

折り紙リーフレット表面

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…