ファミマ店舗を民泊サービスの拠点に、エアビーと業務提携、鍵受け渡しなどでインバウンド利便性向上へ

ファミリーマートと民泊仲介「Airbnb(エアビーアンドビー)」は、民泊サポート事業に関する業務提携をおこなった。ファミマ店舗を活用した民泊サービス拡充や情報発信拠点化を推進するもの。※写真左から、ファミリーマート社長の澤田貴司氏、Airbnb代表の田邉泰之氏

今後は両社連携のもと、日常生活を支える社会インフラであるコンビニを活用した事業を展開。日本国内での宿泊事業の普及拡大や観光需要の創出を目指し、訪日外国人の利便性向上などにつなげるとしている。

具体的には、ファミマ店舗での民泊で必要な鍵の受け渡しサービスなど、エアビーのホストおよびゲスト向け対応を実施。認知向上に向けたマーケティング・プロモーション活動を店舗や各種メディアで展開するほか、両社とパートナーシップを締結する企業とのコラボレーションを通じ、ホストやゲストのサービス向上に貢献していく。

なお、現在のところ、ファミリーマートの国内店舗数は約1万7100店。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。