検索タグ "シェアリング"

渋谷区観光協会、個性的デザイン公衆トイレをめぐるツアー、1名4950円から、新たな観光資源に

渋谷区観光協会、個性的デザイン公衆トイレをめぐるツアー、1名4950円から、新たな観光資源に

渋谷区観光協会は、相乗りサービスを展開するNearMe(ニアミー)と共同で、区内17ヶ所の個性豊かな公共トイレ「THE TOKYO TOILET」を巡るシャトルツアーの運行。
ウーバー、石川県加賀市のライドシェアをアプリで支援、自治体との連携は全国初、ドライバー不足解消に一役

ウーバー、石川県加賀市のライドシェアをアプリで支援、自治体との連携は全国初、ドライバー不足解消に一役

ウーバー・ジャパンは、石川県加賀市が開始する「加賀市版ライドシェア」の導入を支援。ウーバーアプリが導入される。ウーバーが自治体とともに一般ドライバー・自家用車による運送サービスを行うのは全国初。ドライバー不足解消に期待。
 Uber Japan、提携タクシー会社のライドシェア導入支援、アプリで全国展開、各社と協議へ

Uber Japan、提携タクシー会社のライドシェア導入支援、アプリで全国展開、各社と協議へ

Uber Japanは、2024年4月から開始される「タクシー会社によるライドシェア」への参画を発表。複数の提携タクシー会社とともに、Uberアプリを用いた支援を全国展開していく。
京都駅以北でタクシー相乗りサービスを実証、AIで走行ルートや乗車人数を最適化、ドライバー不足にも対応

京都駅以北でタクシー相乗りサービスを実証、AIで走行ルートや乗車人数を最適化、ドライバー不足にも対応

NearMe(ニアミー)は、 京都駅以北のエリアを対象としたシェア乗りサービス「京都観光シャトル」の実証を2024年1月31日まで実施。独自AIによって走行ルートや乗車人数を最適化。
タクシーアプリGO、「日本型ライドシェア」導入へ自治体や事業者を支援、管理システム開発やドライバー採用など

タクシーアプリGO、「日本型ライドシェア」導入へ自治体や事業者を支援、管理システム開発やドライバー採用など

タクシーアプリ「GO」は、「日本型ライドシェア」を導入するタクシー事業の支援を開始。アプリや事業者・自治体向けの管理システムの開発を進めるほか、ライドシェアドライバーの採用などを支援。
政府、「ライドシェア解禁」を決定、2024年4月から、タクシー事業者以外の参入の議論も

政府、「ライドシェア解禁」を決定、2024年4月から、タクシー事業者以外の参入の議論も

岸田首相は、2024年4月から地域の自家用車や、一般ドライバーを活用した新たな運送サービスを開始することを明らかに。タクシー事業者以外の者がライドシェア事業をおこなうことを位置付ける法律制度も年明けから進める。
定額多拠点生活「アドレス」、会員と地域住民つなぐ新事業を発表、来春には海外在住日本人の空き部屋提供も

定額多拠点生活「アドレス」、会員と地域住民つなぐ新事業を発表、来春には海外在住日本人の空き部屋提供も

定額制多拠点生活プラットフォームのADDress(アドレス)は、新たに会員と地域をつなぐ新プラン「コミュニティプラン」の販売を開始。また、来春にはLOCOTABIとの連携で海外展開も開始する。
星野リゾート代表、ライドシェア解禁へ「地方に自由を」、事業者の競争ない無人駅などで開始を提案

星野リゾート代表、ライドシェア解禁へ「地方に自由を」、事業者の競争ない無人駅などで開始を提案

星野リゾート代表の星野佳路氏は、トラベルボイスのインタビューで、国内でのライドシェア導入の議論について、都市部の事情で進めるのではなく「地方に自由を与えるべき」と主張。
東南アジアの人気アプリ「グラブ(Grab)」、ライドシェア売上高が3割増、旅行需要の回復で黒字化を達成

東南アジアの人気アプリ「グラブ(Grab)」、ライドシェア売上高が3割増、旅行需要の回復で黒字化を達成

ロイター通信によると、東南アジアのグラブ・ホールディングスは、フードデリバリーとライドシェアの需要が伸びたことから、2023年第3四半期の調整後EBITDAが2900万ドル(約43.5億円)となり、創業以来初の黒字化に成功した。
JR西日本、駅レンタカー営業所でカーシェアの利用が可能に、タイムズモビリティと提携

JR西日本、駅レンタカー営業所でカーシェアの利用が可能に、タイムズモビリティと提携

JR西日本レンタカー&リースは、タイムズモビリティと業務提携し、無人貸渡事業「駅レンタカー smart west」を 2023年12月1日から開始。まず、西日本エリアの主な駅の近くに16ステーション24台を用意する。
ライドシェア解禁のメリットと懸念点を整理した、議論を「地域の交通体系を再構築」する契機に【コラム】

ライドシェア解禁のメリットと懸念点を整理した、議論を「地域の交通体系を再構築」する契機に【コラム】

急速に議論が進んできた「ライドシェア解禁」。そのメリットや実現に向けたハードルとは? 観光政策研究者の山田雄一氏が、海外での経験談も踏まえて考察したコラム。
宮崎県日向市がワーケーション推進で「動くオフィスプロジェクト」、カーシェア活用で

宮崎県日向市がワーケーション推進で「動くオフィスプロジェクト」、カーシェア活用で

コスモスモアと宮崎県日向市がワーケーションの推進で「動くオフィスプロジェクト実証実験連携協定」を締結。好きな場所へ移動しながら車内外で働くワーケーションカー「mobica」のカーシェアリングを活用。
国交省、シェアサイクル促進へガイドラインを発表、持続可能な事業運営からデータ活用、先進事例まで

国交省、シェアサイクル促進へガイドラインを発表、持続可能な事業運営からデータ活用、先進事例まで

国土交通省は、シェアサイクルの更なる普及促進に向けて、地方公共団体向けに「シェアサイクル事業の導入・運営のためのガイドライン」を取りまとめ。持続可能な事業運営の在り方、データの活用、先進的な取組事例などを紹介。
車中泊シェアリング「カーステイ」、利用者を株主に迎える資金調達を開始、新株予約権も発行

車中泊シェアリング「カーステイ」、利用者を株主に迎える資金調達を開始、新株予約権も発行

車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」は個人投資家やCarstayのサービス利用者を株主に迎え入れる「コミュニティ・ラウンド」による資金調達を開始。約1億円の調達額を目指す。
テレコムスクエア、東京駅の観光案内所にセルフWi-Fiレンタル「WiFiBOX」を設置、訪日客の増加を受け

テレコムスクエア、東京駅の観光案内所にセルフWi-Fiレンタル「WiFiBOX」を設置、訪日客の増加を受け

テレコムスクエアが東京駅日本橋口にある観光案内所「TIC TOKYO」に、セルフWi-Fiレンタル「WiFiBOX」を開設した。訪日外国人の増加を受けて。
米ウーバー、アプリで旅行機能を拡大、フライト予約や鉄道・バスのチケット追加、ロンドン・テムズ川クルーズの「Uber Boat」も【外電】

米ウーバー、アプリで旅行機能を拡大、フライト予約や鉄道・バスのチケット追加、ロンドン・テムズ川クルーズの「Uber Boat」も【外電】

米観光産業ニュース「フォーカスワイヤ」は、好調なウーバーの業績をレポート。四半期で初となる黒字化を達成。英国で展開しているUber Travelは、コンテンツ拡充を進める。
ウーバーの配車サービス、全ユーザーのうち空港発着での利用者は15%、今夏は欧州の人気リゾート地で配車サービスを強化

ウーバーの配車サービス、全ユーザーのうち空港発着での利用者は15%、今夏は欧州の人気リゾート地で配車サービスを強化

ウーバーが2023年夏、観光客に人気の欧州リゾート地でのサービス展開を拡大。夏季需要を取り込むことが狙い。
定額多拠点居住サービス「アドレス」、ユーザーも株主とする資金調達を開始、新たなコミュニティ構築へ

定額多拠点居住サービス「アドレス」、ユーザーも株主とする資金調達を開始、新たなコミュニティ構築へ

多拠点居住プラットフォーム「ADDress」を運営するアドレス社は、株式投資型クラウドファンディングサービスの「イークラウド」を通じたコミュニティラウンドの資金調達を開始。ADDressを利用するユーザーも株主に迎え入れる。
山梨・神明の花火大会で予約制シェア駐車場を拡大、イベント時の渋滞や不正駐車の解消へ

山梨・神明の花火大会で予約制シェア駐車場を拡大、イベント時の渋滞や不正駐車の解消へ

軒先は、2023年8月7日に山梨県市川三郷町で開催される神明の花火大会で、予約制駐車場導入を拡大する。民間から1034台分の駐車場を集めており、公式駐車場約2000台分と合わせ、3034台分の駐車場の貸出を予定。
伊勢志摩の大型リゾートに200台分の車中泊スペース、VISONと「カーステイ」が連携、宿泊施設不足の代替として

伊勢志摩の大型リゾートに200台分の車中泊スペース、VISONと「カーステイ」が連携、宿泊施設不足の代替として

地域の移動の不便と宿不足の解消と観光利便の向上へ。三重県の伊勢志摩エリアのリゾート「VISON」と「カーステイ」が連携で、国内最大級の車中泊スポットを追加。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…