居酒屋チェーン「大庄」がインバウンド対応を強化、中国のモバイル決済を繁華街や観光地の店舗で導入

「庄や」や「日本海庄や」、「大庄水産」など居酒屋チェーンを展開する大庄は、中国のQRコード決済「WeChat Pay(ウィーチャットペイ/微信支付)を30店舗に導入し、サービスを開始した。

導入店舗は、中国人旅行者の来店が多い繁華街や観光地の店舗が中心。今年2月にAlipay(アリペイ)を導入した20店舗のほか、新たに10店舗を追加、その店舗にはアリペイも導入する。

大庄では今後も、訪日外国人の利便性向上に取り組むとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。