島根県松江市、日本ユニシスと共同で観光マーケティングの実証実験、AIとIoTで効果測定の有効性を検証

島根県松江市と日本ユニシスは2018年8月29日より、松江市に関する地域データを活用した観光マーケティングで実証実験をおこなう。AI(人工知能)による機械学習とIoT技術用いた「人流解析サービス JINRYU」で観光客の行動や属性データを組み合わせて分析。観光施策の立案をサポートするもの。

実証実験では、AIを使ったデータ統合の半自動化に加え、これまで取得しにくかったデータをIoTで採取し、それらを組み合わせることで、現状把握の精度向上を目指す。また、観光スポットへの来場予測や観光施策の効果測定における有効性も検証する予定だ。

具体的には、松江市のオープンデータ、メリット社が運営するタウン情報Webサイト「Lazuda(ラズダ)」、松江観光協会が運営するTwitterアカウントによるSNSデータなどを提供。集約した地域データは観光客に提供するほか、観光客の動向把握や施策の効果測定に用いる。また、解析した歴史館来場者数や来場者の年齢・性別・動線情報から、同館の来場者予測の精度を考察する予定としている。

日本ユニシス:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。