Yahoo!トラベル、「GoToトラベル」でもし除外地域が追加指定された場合の対応を発表

新型コロナウイルスの新規感染者が各地で過去最多を更新するなど、感染再拡大が鮮明になっている。2020年7月31日現在、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の対象外になっているのは東京居住者、東京を目的とした旅行だけだが、Yahoo!トラベルが東京以外の地域が対象外になった場合の「GoToトラベル」を利用した国内宿泊予約への対応を発表した。

まず、Yahoo!トラベルでは「今後の政府発表などにより、対象外と指定された地域での予約の場合には、すでに割引を受けた予約であっても、補助を受けることはできない」と注意喚起。そして、今後、新たに対象外と指定された地域でのGoToトラベルを利用した国内宿泊予約について、すでにオンラインカードで決済している場合は自動キャンセルして通知することを決めた。また、自動キャンセルとなった時点で発生したキャンセル料は、旅行者が負担するものであるとしている。

一方、支払い方法が現地決済の場合は自動キャンセルせず、現地支払い時に補助の対象外として料金が変更になると案内している。

なお、国土交通省は「感染拡大防止に向けた取り組みを徹底しながら状況変化を注視し、感染症の専門家の意見を踏まえた政府全体の方針に基づいて適切に事業を実施したい」としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。