検索タグ "新型コロナウイルス"

JAL、出発前PCR検査サービスを開始、「宿泊+航空券」ツアー申込者向けに、検査1万円、陰性証明書付きは1万5000円

JAL、出発前PCR検査サービスを開始、「宿泊+航空券」ツアー申込者向けに、検査1万円、陰性証明書付きは1万5000円

JALは、ジャルパック「JALダイナミックパッケージ」の申込者向けに「旅マエ安心PCR検査」を開始。料金は1万円。一般向けの検査も1万3500円で。
ハワイ州、入国者に義務付けの「健康管理アプリ」で完全登録を呼びかけ、オアフ島から隣島へは72時間前検査が必要

ハワイ州、入国者に義務付けの「健康管理アプリ」で完全登録を呼びかけ、オアフ島から隣島へは72時間前検査が必要

ハワイ州政府は、新たに導入した「Safe Travel」プログラムで出発前に手続きを完了するように呼びかけ。登録未完了の旅行者が多く、空港での健康チェックに必要以上の時間がかかっている。
アドベンチャー社、「もっとTokyo!」商品の販売停止、開始から1時間16分で上限到達

アドベンチャー社、「もっとTokyo!」商品の販売停止、開始から1時間16分で上限到達

航空券予約販売サイト「skyticket」は、本日2020年10月23日に販売開始した都内観光促進事業「もっと楽しもう!TokyoTokyo」キャンペーン商品の販売停止。
デジタル検査証明「コモン・パス」、大西洋路線でも実証、出発前検査の結果をスマホに

デジタル検査証明「コモン・パス」、大西洋路線でも実証、出発前検査の結果をスマホに

世界経済フォーラムらがコロナ対策で開発した「コモン・パス(Common Pass)」で、初の大西洋路線での実証。デジタル証明書を目的地での入国条件の証明に使用。
成田空港に「PCR検査センター」開設、受付から証明書発行まで最短2時間、事前予約で4万円

成田空港に「PCR検査センター」開設、受付から証明書発行まで最短2時間、事前予約で4万円

日本医科大学と成田国際空港は、2020年11月2日に「成田国際空港 PCRセンター」を開設。空港内にPCR検査ラボを併設するのは成田が初めて。受付から問診、検体採取、検査、証明書発行まで最短で2時間。
「3密回避」で楽しむ旅体験とは? コロナ時代の「観光×デジタル」への取り組み、DMOからホテルまで聞いてきた

「3密回避」で楽しむ旅体験とは? コロナ時代の「観光×デジタル」への取り組み、DMOからホテルまで聞いてきた

観光×デジタル、withコロナ時代に進む先行事例と導入のポイントとは?ロコガイドが実施したウェビナーをレポート。
米国の航空旅客数が1日100万人を突破、3月以降初めて、前年比60%減も着実に回復

米国の航空旅客数が1日100万人を突破、3月以降初めて、前年比60%減も着実に回復

アメリカの航空旅客数が10月18日に、3月以降初めて1日100万人を超えた。前年同日比では60%減も、4月の1日10万人以下からは回復。
アリタリア航空、ローマ/ミラノ線の一部便で出発前検査を導入、対象者には空港で無料抗原検査

アリタリア航空、ローマ/ミラノ線の一部便で出発前検査を導入、対象者には空港で無料抗原検査

アリタリア-イタリア航空は、ローマ/ミラノ間を運航する一部の便で出発前抗原検査を開始。ローマの空港では長期駐車場で鼻腔による迅速な抗原検査を無料で。
デジタル検査証明「コモン・パス」の試験運用を開始、航空で求められる世界共通の体制確立【外電】

デジタル検査証明「コモン・パス」の試験運用を開始、航空で求められる世界共通の体制確立【外電】

AP通信が、航空旅行の本格再開に向けて進む出発前検査について、その課題をリポートしている。各国や各航空会社は出発前検査を試験的に始めたが、世界的に統一された体制は確立されていない。
ホテルニューオータニ、withコロナ時代の「新・立食パーティプラン」発売、定員半数、マイトングや飲食可能なフェースシールド導入

ホテルニューオータニ、withコロナ時代の「新・立食パーティプラン」発売、定員半数、マイトングや飲食可能なフェースシールド導入

ホテルニューオータニはwithコロナ時代のニーズに対応した宴会「新・立食パーティプラン」を発売。従来の立食パーティの良さを残しつつ、安心・安全対策。
旅行者受け入れを再開したハワイ、隣島は追加検査を導入へ、州政府と各郡とで異なる対応【外電】

旅行者受け入れを再開したハワイ、隣島は追加検査を導入へ、州政府と各郡とで異なる対応【外電】

AP通信が10月15日から旅行前検査プログラムを開始したハワイ州内の受け止めをリポート。観光産業を復興させるために、旅行者受け入れを進めたい州政府と住民の安全を第一に守りたい島郡との認識の違いが浮き彫りに。
香港政府観光局、観光事業者に衛生対策ロゴ付与、基準ガイドラインを設定、参画事業者に旅行者受け入れ再開に向け

香港政府観光局、観光事業者に衛生対策ロゴ付与、基準ガイドラインを設定、参画事業者に旅行者受け入れ再開に向け

香港政府観光局が衛生対策基準実施要項を発表。対象は、ショッピングモール、ホテル、レストラン、小売業、バス会社、観光施設、旅行代理店など。事業者は実施要項への参加を示すロゴを掲示。
日本発/ハワイでの入国で14日間の隔離免除が実現へ、事前検査で日本国内の検査法を承認、陰性証明書提示で

日本発/ハワイでの入国で14日間の隔離免除が実現へ、事前検査で日本国内の検査法を承認、陰性証明書提示で

ハワイ州は10月15日するハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する事前検査プログラムの検査対象に、日本の厚労省認可の新型コロナの拡散増幅検査(NAT)を承認。
オーストラリア、日本・シンガポール・韓国への国際線再開へ、来年にはさらに対象国を拡大

オーストラリア、日本・シンガポール・韓国への国際線再開へ、来年にはさらに対象国を拡大

オーストラリアは、日本、シンガポール、韓国への国際線再開に向けて動き出す。10月16日からニュージーランドからの旅行者に対して隔離措置を免除。来年には拡大へ。
香港とシンガポール、「トラベルバブル(近隣の域内旅行)」開始、陰性証明で隔離措置なしの往来を可能に

香港とシンガポール、「トラベルバブル(近隣の域内旅行)」開始、陰性証明で隔離措置なしの往来を可能に

香港とシンガポールが「トラベルバブル」を開始。渡航には相互に認可された試験を受け、陰性証明が必要。
EU加盟国、域内の移動自由化に向けて、共通の規制と検査ルールで合意、3色で感染リスク国を見える化

EU加盟国、域内の移動自由化に向けて、共通の規制と検査ルールで合意、3色で感染リスク国を見える化

EU加盟27カ国は、EU内の移動自由化に向けたガイドラインに合意。「グリーン」「オレンジ」「レッド」に色分けして国ごとにリスク度を表示。
NEC、勤務地の見える化で出社状況を管理できる新機能、出社可能な割合設定で3密回避も

NEC、勤務地の見える化で出社状況を管理できる新機能、出社可能な割合設定で3密回避も

NECソリューションイノベータが「NEC働き方見える化サービスPlus」の最新版を発売した。勤務地を見える化し、出社状況を管理する機能を追加したのが特徴。
ナビタイム、東京都の「観光MaaS実証実験」を臨海副都心で、今年はコロナ対応を追加、VR/ARによる需要喚起も

ナビタイム、東京都の「観光MaaS実証実験」を臨海副都心で、今年はコロナ対応を追加、VR/ARによる需要喚起も

ナビタイムが東京都のMaaS実証実験に採択。コロナ禍の今年は従前の交通課題解決と同時に、適切な需要喚起と安全安全な移動体験の両立を図る新時代のMaaS確立も目指す。
トラベル懇話会、観光庁に海外旅行と訪日旅行の早期再開を要望へ、ビジネス渡航や外国人入国再開の流れ受け

トラベル懇話会、観光庁に海外旅行と訪日旅行の早期再開を要望へ、ビジネス渡航や外国人入国再開の流れ受け

トラベル懇話会が、観光目的の海外旅行と訪日旅行の早期再開に向け、観光庁に要望書を提出へ。
観光庁、観光復活へのソリューション公募、新たなMICE実現のためのアイデアも

観光庁、観光復活へのソリューション公募、新たなMICE実現のためのアイデアも

観光庁はニュー・ノーマルに合致し、コロナ禍からの観光交流復活に資するソリューションをMICE中心に広く公募する。応募締め切りは11月6日。