渋谷区観光協会とナビタイムら、地元小学校の総合授業で観光ガイドマップ制作、地域の観光学習を支援

渋谷区観光協会と表参道ヒルズ、ナビタイムジャパンは、渋谷区神宮前小学校5年生の「総合」授業を支援し、原宿の訪日客向け観光ガイドマップを制作した。

渋谷区における地域の交流や魅力発信を目的とした共同プロジェクトの第2弾として実施したもの。活動を通じ、地域の将来を担う子供たちとともに、受け入れ態勢や未来の地域活動のあり方を検討していくという。

今回の活動では、渋谷区観光協会と表参道ヒルズ、ナビタイムに加え、クリエイターらも参加し、講義やワークショップ、フィールドワークなどを実施。生徒たちが店舗へのヒアリングや移動のビッグデータを活用して地域の課題を抽出し、それに合わせた編集テーマで制作した。

完成した観光ガイド「HARAJUKU MAP」は、スイーツ、おみやげ、インスタ映えスポット、和を感じられるスポットなどをジャンル別に掲載。誌面には日本語も併記し、地域の情報誌としての役割も意識した。これらは、表参道ヒルズや渋谷区の観光案内所、駅などで配布する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。