JAL、2地域居住を後押しするツアーを販売、帯広市や阿蘇市と連携、現地担当者と相談機会を設定

JALは、ジャルパックの「JALダイナミックパッケージ」で2地域居住の推進に向けたプランの販売を開始した。都市と地方にそれぞれ拠点を持つ2地域居住は、コロナ禍で注目が高まっていることから、新たに商品化。各自治体と連携したツアーを企画し、現地の観光の魅力だけでなく、就労環境や生活環境といった居住を確認してもらう機会を提供する。

その第一弾として、帯広市、豊岡市、宗像市、阿蘇市を対象としたツアーを「2地域居住をはじめる旅」として販売。滞在中、希望の日時に各市の担当者を訪問し、2地域居住について直接相談できる機会を設ける。

また、帯広市では、十勝で新たなビジネスプランやアイデアを実現するため起業・創業を応援しているスタートアップ支援スペース「LAND」を紹介。豊岡市、宗像市、阿蘇市では、コワーキングスペースのほか、子育てなどに便利な各種施設を案内する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。