ナビタイム、お台場でのMaaS実証実験を開始、バーチャル観光や混雑回避ルート提案など

ナビタイムジャパンは2021年2月25日から、東京副都心エリア(お台場)でのMaaS実証実験「Enjoy!おうちでお台場」を開始した。

同実証実験は、東京都のMaaS社会実装モデル構築に関する実証事業の採択事業として実施するもの。2年目となる今年度は、2019年度に取り組んだお台場までの移動利便性とお台場での回遊性の向上に加え、コロナ時代を踏まえた「安全・安心なおでかけ機会の創出」にも取り組む予定だった。

しかし、感染状況を鑑みて1月19日からの開始予定を延期。内容も当初予定の中から、将来的な観光需要の醸成を目的とする「バーチャル観光」と「自宅で楽しめるコンテンツ」や、お台場を生活圏とする人の日常と訪問者の移動をサポートする「エリア/モビリティの混雑情報の提供と混雑回避ルート提案」などに留めた。

「バーチャル観光」では、お台場にゆかりのあるアニメ「ラブライブ!虹ヶ先学園スクールアイドル同好会」とコラボし、XRやARを活用したコンテンツを提供。また、「自宅で楽しめるコンテンツ」では、エリア内の交通機関や施設の協力のもと、動画や体験・アクティビティの紹介サイト、各施設に関するクイズや学習コンテンツなどで、お台場の魅力を伝えていく。

さらに、「エリア/モビリティの混雑情報の提供と混雑回避ルート提案」では、地図アプリ「ここ地図」内で、混雑マップやモビリティの混雑予測、混雑回避ルートを提案する機能などを提供。電車やバスのほか、水上バス、シェアサイクルなど各種交通手段を組み合わせたルートや徒歩のみ、自転車のみのルートなどの検索結果も提供する。

一方、当初予定していた、りんかい線やゆりかもめの1日乗車券の販売などは、今後の状況を見ながら実施の可否を検討する。

実証実験はナビタイムのほか、KDDI、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会、ドコモ・バイクシェア、ゆりかもめとともに、2月25日~3月22日まで実施。詳細は下記のサイトへ。

実証実験用サイト「Enjoy!おうちで お台場」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。