昭文社、大阪なんばのバーチャル街歩きコンテンツ公開、観光ガイドブックの情報チェックも可能に

昭文社ホールディングス、昭文社、マップルは2021年4月末に、バーチャル街歩きをしながら観光情報をチェックできる「バーチャル街歩きコンテンツ」を公開した。

対象は大阪なんばエリアで、スマートフォン・パソコンで簡単に360度動画を操作し、自由に街歩きが楽しめる。新型コロナウイルスによる外出自粛規制のなかでバーチャルを通じて現地の魅力を発見し、アフターコロナで実際に訪問するというバーチャルからリアルへの人の流れを作っていきたい考えだ。

従来からのブイテック研究所と南海電鉄が手がける大阪なんばエリアのバーチャル観光ウェブサービス「Milapse Trek(ミラプス・トレック)」に、マップルが保有する観光ガイドデータを搭載。さらに、昭文社が展開するウェブメディア「まっぷるトラベルガイド」上に連携することで、バーチャルで街歩きをしながら、観光情報をチェックできるようにした。歩いていると、観光情報が次々と登場。ガイドブックを手に街を歩いている感覚で、通りの風景の映像を体感できる。

バーチャル街歩きコンテンツ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…