阪神タイガース、ライブ配信で商品販売やファンと交流、継続的な関係づくりを目指して

阪神タイガースは、日本ユニシスのライブコマースサービス「Live kit (ライブキット)」を活用し、新型コロナウイルスの影響で外出自粛や球場への入場制限が続くなか、球場に来場できないファンに向けてライブコマースを活用したライブ配信と商品販売を強化する。阪神タイガースでは、新たな取り組みによって、コロナ禍においてもファンとの継続的な関係づくりを目指すとしている。

ライブコマースとは、オンライン上でのライブ動画の配信で、商品を紹介し販売するもの。リアルタイムで視聴者からの質問に答えるなどの双方向性で人気が高まっている。

具体的には、2021年6月19日からライブコマースイベント「阪神タイガースライブコマース【今成亮太のLIVE SHOPPING!】」を毎週土曜日に開始。今後もファン交流イベントを随時開催し、購買機会を提供していく。

報道資料よりLive kitでは、自社で運用しているECサイト上で、商品販売のライブ配信を行うことが可能。全ての機能をライブ画面(同一画面)で操作できるため、別の購入画面に誘導することなく、販売につなげることができる。また、物販を伴わないコンテンツ配信や商品やサービスのプロモーションに利用することも可能。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。