高級車ポルシェが日本にブランド体験施設を開業へ、車種を選べるドライビング体験、MICE施設も併設

ポルシェジャパンは、スポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を2021年10月1日に開業する。7月29日からプログラムの予約受付を開始した。

「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は世界で9番目となるポルシェの体験施設。日本には初登場となる。千葉県木更津市に開設し、さまざまなトラックコンテンツやドライビングレクチャープログラムを用意するほか、カフェ「The 956 Cafe」やレストラン「Restaurant 906」、ポルシェドライバーズセレクションストア、MICEが行えるミーティングルームなども備える。

ドライビングレクチャーはオンロード、オフロードともに90分間のプログラムで、「718」「911」などの2ドアモデル、「マカン」「カイエン」のSUV、「パナメーラ」やポルシェのフル電動スポーツカー「タイカン」から選択可能。ドライビング体験は2.1kmの周回距離を持つハンドリングトラックをはじめ、6つのモジュールで構成する。

ハンドリングトラックは、海外の有名コーナーを再現したエリアを用意。世界の施設では平面的なコースなのに対して、日本では地形を活かした立体的なトラックとし、高低差のあるドライブを楽しめることが最大の特徴だという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。