米・ディズニーランド、新しい年間パスを発売、将来の複数回の予約が可能に、カリフォルニア州在住者の限定割引も

image via Shutterstock.

米カリフォルニア州のディズニーランド・リゾートは、2021年8月25日(現地時間)から新しい年間パス「Magic Key」プログラムを発売する。このパスでは、利用可能日にディズニーランドパークとディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークを事前に予約できるほか、パスの種類に応じて、将来の予約を複数回取ることが可能になる。

ディズニーランド・リゾートは、およそ1年の休園から4月30日に営業を再開した。

Magic Key購入者は、マジックキーテラスでの専用ダイニング体験、カスタムメニュー、購入者専用のフェスティバルなどさまざまな特典が提供される。また、ディズニーランド・リゾート誕生66周年にちなんで、発売後66日以内にMagic Keyを購入した人にはプレミアムアイテムのバッケージをプレゼント。さらに、9月1日にスタートするトゥモローランドの新アトラクション「スターケード」に期間限定で搭乗することができる。

Magic Keyパスは4種類。パスによって、商品やダイニングの割引率、予約可能回数が異なる。価格は「Dream Key」が1399ドル(約15万4000円)、「Believe Key」が949ドル(約10万4000円)、「Enchant Key」が646ドル(約7万1000円)。この3種類については、カリフォルニア州在住者限定で割引価格を提供する。また、南カリフォルニア在住者限定で「Imgine Key」を399ドル(約4万4000円)で発売する。

※ドル円換算は1ドル110円でトラベルボイス編集部が算出

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。