自転車ツアー専門のOTA誕生、欧米のオペレーター28社が参加、手数料20%で配当モデルも

フランス・パリを拠点とする自転車ツアーオペレーター「ファット・タイヤ・ツアー(Fat Tire Tours)」は、自転車ツアー専門のOTAとして「ファット・タイヤ・ツアー・バイク・ツアー・ネットワーク」を立ち上げた。現在のところ、このネットワークは招待制で欧米の28社が参加。将来的には世界に事業を拡大していく考えだ。

参加オペレーターは、価格の25%をネットワークに支払う必要がある。このうち、20%が手数料。残りの5%が配当モデルとしてプールされ、毎年ネットワークメンバーに均等に配分される。

各オペレーターは、予約を受けた後、すべてのカスタマーサービスに責任を負うことになる。このため、ユーザーへのアップセールスも可能。その場合、追加手数料は発生しない。

ファット・タイヤ・ツアーは、22年にわたる自転車ツアーの経験と知識を最大限生かし、アフターコロナを見据えて、自転車ツアー市場を強化していくとしており、今のところ、OTAを通じて収集された情報を活用して、新たなビジネスを展開する計画はないとしている。

※この記事は、Arival(アライバル)社が運営するニュースメディアから届いた以下の英文記事を、同社との提携に基づいて、トラベルボイス編集部が日本語翻訳・編集したものです。

オリジナル記事:FAT TIRE TOURS LAUNCHES OPERATOR-LED OTA

著者: Ben Finch

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。