紅葉の見ごろ予想2021、平年並みから遅め、日光いろは坂は10月下旬、京都・嵐山は11月下旬から

ウェザーニューズ社は、「第1回紅葉見頃予想」を発表した。それによると、今年は北・東日本で9月前半の気温が平年より低かった影響で、標高が高い山では平年より早い見頃を予想。ただし、平野部は10月~11月にかけて気温が高くなる見込みであることから、見頃は平年並みから平年より遅くなり、北日本では10月下旬~11月上旬、東・西日本では11月中旬から下旬になると予想している。

スポット別では、山形蔵王は10月上旬頃~、長野県の上高地や日光いろは坂は10月下旬頃~、東京・高尾山や京都・嵐山は11月下旬頃~など。

今年は夏の暑さや大雨の影響はほぼ見られず、葉の状態は昨年よりも良い傾向にあることを確認。今後も適度な日差しと雨が見込めるため、全国的に鮮やかな紅葉が期待できるという。「第2回紅葉見頃予想」は10月中旬に発表される予定だ。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。