おふろcafe「温泉道場」、フィンランドに日本式サウナ進出へ合弁会社設立、2023年の開業目指して

国内7カ所で宿泊・温浴施設を運営する温泉道場はこのほど、フィンランド・タンペレ市にサウナ・スパ施設の事業性調査を目的とした「Omatsuri Oy Ltd.」を設立した。日本と北欧との共同事業開発などを手がけるフィンランドのMonordi Oy Ltd.との合弁会社。

温泉道場はさいたま市で北欧をテーマとした温浴施設「おふろcafe utatane」を運営するなど、フィンランドのサウナ文化を取り入れた事業展開をしており、今後、Omatsuri Oy Ltd. を通して、日本式サウナ・スパ施設のフィンランドにおける事業性調査を実施するほか、フィンランド内外から事業パートナーを募集する。将来的には、 2023年の施設運営開始を目指し、事業会社へと移行する計画。

タンペレ市は、首都ヘルシンキに次ぐフィンランド第2の都市。50を超える公衆サウナが存在することから「サウナ首都」とも呼ばれている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。