GoToトラベル再開の賛成派は54%、「旅行回数が増える」は18%、一方「なくても旅行をする」は36%

NTTコムリサーチは、「旅行とGoToトラベルキャンペーン」に関する調査の結果を発表した。この調査は、2021年12月3日~5日にかけて行われたもの。

それによると、GoToトラベルキャンペーンに対する賛否を確認したところ、「再開したほうがよい」18.1%、「再開したほうが良いが、 充分に検討が必要」35.4%とになり、再開に賛成の意向を示した人は53.5%で半数を超えた。一方「再開すべきではない」も25.6%にのぼった。

再開にあたって必要だと思うことについて尋ねたところ、最も多かったのが「ワクチン接種証明書の提出を義務付ける」で41.2%。次いで、「感染者数が増加したらすぐに停止する前提で実施すべき」(24.6%)、「休日に集中しないよう分散を図る」(23.4%)、「一人あたりの利用回数を制限する」(23.4%)、「グループの人数を制限する」(18.9%)が続いた。

GoToトラベルによる旅行計画への影響を調べたところ、「GoToトラベルがあるなら、旅行をする」との回答は15.7%、「GoToトラベルがあるなら、旅行回数が増える」も17.8%となった一方、「GoToトラベルがなくても旅行をすると思う」が36.2%と最も多くなった。

Go To トラベルキャンペーンがあることによって、旅行の意向が高まりますか? (報道資料より)

GoToトラベルを利用した旅先での過ごし方では、「土地の名産・特産物をたくさん食べたい」が60.5%と最も多く、次に「地元のお店に寄りたい」(41.7%)、「アクティブに周辺の観光地を見て回りたい」(36.7%)が続いた。また、地域貢献を意識して旅行先での消費を増やそうと考えている割合が65.2%にぼった。

キャンペーンを利用する場合の旅行相手は? (報道資料より)

 Go To トラベルキャンペーンを利用す目的は? (報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…