東京ドームが「顔認証」による入場・決済を本格化、マスク着用でも99%の認証率

パナソニックの顔認証技術が、東京ドームでの一般来場者を対象とした新たな入場・決済サービスとして採用された。顔認証決済は2022年3月2日のオープン戦、顔認証入場は3月25日の公式戦から運用が開始される。

導入されるのは、顔認証クラウドサービス「KPASクラウド」の入場・決済・チケッティング連携のアプリケーション。東京ドームでは、巨人戦の入場から決済までをシームレスに利用できる新サービス「facethru(フェイスルー)」として運用される。

パナソニック・システム・ソリューションズ・ジャパンは、2021年3月から東京ドームで関係者を対象とした顔認証入場、および一般来場者を対象とした顔認証決済の実証実験を実施してきた。その結果、マスク着用時でも99%以上の認証率を実現したことから本格導入に至った。

ゲート本体およびチケッティングについてはイープラスと、SuicaについてはJR東日本メカトロニクスが提供するクラウド型ID認証システム「ID-PORT」とそれぞれ連携。これによって、「GIANTS ID」を介して、顔認証による入場とSuica認証による入場が、1台の入場ゲートで実現することになる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…