今年は暑い夏、暑さピークは7月と8月の後半、観光地でも暑さ対策を

ウェザーニューズが「猛暑見解2022」で今夏(7月~9月)の気温は高く、全国的に平年より暑い夏になるとの見通しを発表した。

7月中旬までに梅雨明けする地域が多く、平年より早く夏が到来。暑さのピークは7月後半と8月後半で、西日本と東日本では残暑も厳しくなる見込み。訪日観光の再開、観光需要の回復、リベンジ旅行など、今夏の観光シーンはこの2年にない賑わいが見込まれることから、各観光地でも暑さ対策が必須になりそうだ。

暑さカギとなるのは、太平洋高気圧とチベット高気圧が重なる「ダブル高気圧」。2つの高気圧が1つの高気圧のようになることで、35度以上の猛暑日が続く。フェーン現象が起こりやすい場所では40度前後の酷暑になることもあり、より注意が必要だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…