国際航空運送協会、旅客便のCO2排出量で、燃料消費と搭乗率との関連を透明化

国際航空運送協会(IATA)は、特定の旅客便の二酸化炭素排出量を正確に計算するオンラインツール「IATA CO2 Connect」を立ち上げた。このツールは、航空会社の燃費消費量と搭乗率に関連する排出量データで透明性を求める声が上がっていたことから開発されたもの。

IATA CO2 Connectは、業務旅行管理会社(TMC)、旅行代理店、航空会社、一般の多国籍企業など旅行に関連する幅広い企業で利用することが可能。二酸化炭素排出量データにアクセスし、APIを通じて既存のフライト予約ツールや旅程管理ソリューションに統合できるほか、旅行管理者や旅行者は路線ごとに排出量を確認することもできるようになっている。

IATA CO2 Connectの開発にあたっては、法人旅行の米アメリカンエクスプレス・グローバル・ビジネス・トラベルがローンチパートナーとして参加している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…