フィンランド政府観光局、AIで紅葉の見ごろ予測するライブ地図を開発、南北1157キロの色づきをリアルタイム表示

フィンランド政府観光局は、人工知能AIで紅葉を予測する紅葉ライブマップ「Autumn Foliage Live Map」の提供を開始した。フィンランド全土の道路カメラなどのデータを活用し、紅葉の進行状況を表示。AI が情報を処理し、天気予報も考慮しながら、南のハンコから北のエノンテキオまでの紅葉の動きをリアルタイムで視覚的にガイドする。

紅葉はフィンランド語では「ruska(ルスカ)」と呼ばれ、紅葉前線は約4週間で南北1157キロの国土を南下する。この時期は、世界中から紅葉狩りの旅行者がフィンランドを訪れ、ハイキング、ウォーキング、キャンプなど自然のアクティビティを楽しんでいる。

フィンランド政府観光局 Autumn Foliage Live Map

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…