ANAとガルーダ、コードシェアとマイレージ提携で合意

全日空(NH)とガルーダ・インドネシア航空(GA)は、コードシェアおよびマイレージ提携を含む包括提携を締結した。これにより、ANA便でジャカルタ到着後、ガルーダ運航のコードシェア便を利用し、インドネシア国内のジョグジャカルタ、スラバヤなど最大10路線へ乗り継ぎが可能になる。また、GA便で成田・羽田・関空到着した場合、NH運航のコードシェア便を利用し、札幌、名古屋など最大11路線への乗り継ぎが可能になる。
マイレージ提携については、
 マイレージプログラムでの二社間提携を進めていくための協議を続けていく予定。提携が実現すれば、どちらの航空会社を利用しても、各々のマイレージクラブ会員としてマイルが貯まるようになるという。
ANAは2014年3月30日から、GAは2014年上期中に、それぞれ羽田/ジャカルタ線を新規開設する。これにより日本/インドネシアを結ぶネットワークは、NHは週14便、GAは週39便(含む関空路線)、合わせ週53便に拡大する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…