検索タグ "全日空(ANA)"

2023年のインバウンド旅行トレンドを大予測、Trip.comグループが12/8(木)ウェビナー開催、地方創生からメタバースまで、各分野の専門家が解説(PR)

2023年のインバウンド旅行トレンドを大予測、Trip.comグループが12/8(木)ウェビナー開催、地方創生からメタバースまで、各分野の専門家が解説(PR)

Trip.comグループが、「2023年のインバウンド旅行トレンド」をテーマにウェビナーを主催。各分野の専門家を招き、これからの国際観光や地方創生・メタバースなどのトレンドを解説。
ANA、成田/深圳線を週2往復に、羽田/台北線は1日2往復に増便

ANA、成田/深圳線を週2往復に、羽田/台北線は1日2往復に増便

ANAは、成田/深圳線では2022年11月26 日から現在の週1往復から週2往復に増便。羽田/台北(松山)線については、NH853/854便を12月1日から再開する。
航空5社が議論した、日本の国際線の現状と今後の見通し、日本発のレジャー回復は道半ば、来年は復便増加も、くすぶる不確定要素

航空5社が議論した、日本の国際線の現状と今後の見通し、日本発のレジャー回復は道半ば、来年は復便増加も、くすぶる不確定要素

設立25周年を迎えたスターアライアンスの加盟航空会社5社が日本路線の現状および今後の見通しについてパネルディスカッション。日本発のレジャー需要はまで限定的。欧州路線はロシア上空の飛行制限が大きく影響。
ANAスポンサーのアバター賞金レース、ドイツのチームが優勝、医療や災害への遠隔対応も

ANAスポンサーのアバター賞金レース、ドイツのチームが優勝、医療や災害への遠隔対応も

ANAがスポンサーとなっているアバターロボットの賞金レース「ANA AVATAR XPRIZEで「NimbRo」チーム(ドイツ)が優勝した。医療や災害などへの対応も期待される。
ANA、上半期として3年ぶりに黒字転換、売上高は83%増、通期予想を上方修正、純利益は前回予想から90%増に

ANA、上半期として3年ぶりに黒字転換、売上高は83%増、通期予想を上方修正、純利益は前回予想から90%増に

ANAは、2023年3月期第2四半期で196億円の純利益を確保。上半期としては3年ぶりに黒字転換。航空需要の順調な回復で売上高は前年同期比83.4%増の7907億円。通期予測を上方修正。
ANA、スーパーアプリ化を本格始動、スマホ会員アプリで予約や「ANA Pay」利用を可能に、来年にはECモールも

ANA、スーパーアプリ化を本格始動、スマホ会員アプリで予約や「ANA Pay」利用を可能に、来年にはECモールも

ANAは、「ANAマイレージクラブアプリ」のスーパーアプリ化を本格始動。まずは「ANAアプリ」や「ANA Pocket」などミニアプリとして搭載。来春には、「ANA Pay」を刷新する。
ANA、10月下旬から成田/大連線を再開、成田/杭州線は週3往復に、11月20日から羽田/香港線は毎日運航

ANA、10月下旬から成田/大連線を再開、成田/杭州線は週3往復に、11月20日から羽田/香港線は毎日運航

ANAは、成田/大連線について、10月26日から運航を再開し、10月30日以降は週2往復で運航。成田/杭州線については、11月29日から火曜日便を追加し、週3往復に増便。
ANA、インバウンド本格解禁の発表後、日本行き国際航空券の予約が堅調、10月3連休の国内線は昨年の2倍

ANA、インバウンド本格解禁の発表後、日本行き国際航空券の予約が堅調、10月3連休の国内線は昨年の2倍

ANAHD社長の芝田浩二氏が、10月11日からの水際緩和、全国旅行支援開始を受け、国際線の運航規模復元、10月8日から3連休の国内線予約が好調なことなどに言及したコメント発表。
ANA、緑色の特別塗装機「Green Jet」を運航、サステナビリティをテーマに、米国線や国内線で

ANA、緑色の特別塗装機「Green Jet」を運航、サステナビリティをテーマに、米国線や国内線で

ANAが緑の尾翼「ANA Green Jet」を運航、サステナビリティがテーマ。国際線と国内線で。
ANA、10月30日から成田/バンクーバー線を毎日運航、成田/ホノルル線は12月から週5往復に

ANA、10月30日から成田/バンクーバー線を毎日運航、成田/ホノルル線は12月から週5往復に

ANAは、2022年12月1日から成田/ホノルル線(NH184/NH183)を週5往復に増便。10月30日からは成田/バンクーバー線(NH136/NH135)を毎日運航に増便。
格付け会社の航空会社ランキング2022、総合1位はカタール航空、ANAとJALもトップ10入り、機内清潔度トップはANA

格付け会社の航空会社ランキング2022、総合1位はカタール航空、ANAとJALもトップ10入り、機内清潔度トップはANA

航空関連の格付け会社スカイトラックス(SKYTRAX)は、2022年の航空会社ランキングを発表。総合トップはカタール航空、ANAとJALもトップ10入り。ANAは「機内清潔度」でトップ。JALも3位に入った。
ANA、羽田/香港線を週4便で再開、羽田/台北線は毎日運航に増便、10月末から

ANA、羽田/香港線を週4便で再開、羽田/台北線は毎日運航に増便、10月末から

ANAは、2022年10月31日から羽田/香港線を週4便で再開。10月30日からは羽田/台北(松山)線を現行の週3便から毎日運航に増便。
ANA、年末年始のハワイツアー発売、5ホテルを厳選、ホノルル6日間が約40万円など

ANA、年末年始のハワイツアー発売、5ホテルを厳選、ホノルル6日間が約40万円など

ANA Xが2022~2023年年末年始期間のANAトラベラーズハワイ商品を発売した。「シェラトン ワイキキ」など人気5ホテルを厳選。往復ANA国際線は座席指定が可能。
 ANA、都会の仕事と地方の仕事を両立する生活スタイル実現する街づくりへ、関係人口の拡大へNTTらと連携

ANA、都会の仕事と地方の仕事を両立する生活スタイル実現する街づくりへ、関係人口の拡大へNTTらと連携

ANAグループは、NTTコミュニケーションズらと連携で「アグリ・スマートシティ」実証実験を開始。地域に住みながらリモートワークによる都会の仕事と、農業など地元の仕事を両立する新たなライフスタイルを。
ANA X、レジャーのサブスク「レジャパス!」と連携、移動でポイント貯めるアプリ「ANA Pocket」で

ANA X、レジャーのサブスク「レジャパス!」と連携、移動でポイント貯めるアプリ「ANA Pocket」で

レジャー施設のサブスク「レジャパス!」と、ANA Xの移動をポイントにするアプリ「ANA Pocket」が連携開始。
ANA、羽田/フランクフルト線を増便、10月末から週14往復便で

ANA、羽田/フランクフルト線を増便、10月末から週14往復便で

ANAは、2022年10月30日から羽田/フランクフルト線を週14往復便に増便。羽田/ロンドン線では全便に最新型ファーストクラス「THE Suite」とビジネスクラス「THE Room」搭載機に。
ANA、ゴルフ場のネット予約を開始、同行者全員分のマイル積算、名門コースも取り揃え

ANA、ゴルフ場のネット予約を開始、同行者全員分のマイル積算、名門コースも取り揃え

ANA Xは、ゴルフ場のネット予約「ANAトラベラーズゴルフ」を開始。各地のゴルフ場を取り揃え、ダイナミックパッケージとの組合せやゴルフのみ予約に対応。同行者含めた全員分の予約総額に対し100円=1マイル。
ANAグループが「ESG経営」を加速、サステナビリティや地方創生への取り組みを担当役員に聞いてみた

ANAグループが「ESG経営」を加速、サステナビリティや地方創生への取り組みを担当役員に聞いてみた

ESG経営の推進を重要課題と位置付けいるANAグループ。その現在地と将来に向けた道筋を、ANAホールディングス上席執行役員グループ・チーフ・サステナビリティ・オフィサー(CSO)の宮田千夏子氏に聞いてみた。
ANA、アプリで「搭乗ガイド」機能を開始、国内線の搭乗までの情報をタイムリーに案内

ANA、アプリで「搭乗ガイド」機能を開始、国内線の搭乗までの情報をタイムリーに案内

ANAがアプリで国内線「ご搭乗のガイド」機能を開始。アプリに予約情報を連携すると、搭乗までのシーンや時間の経過とともに、必要な情報をMy Booking内でタイムリーに知らせる。
ANA、11月の羽田/ホノルル線を毎日運航へ、成田線も増便、人気の超大型機A380「フライングホヌ」で

ANA、11月の羽田/ホノルル線を毎日運航へ、成田線も増便、人気の超大型機A380「フライングホヌ」で

ANAが国際線を一部増便。11月のホノルル線は羽田がデイリー、成田が週3便体制に。シンガポール線、年末年始のシドニー線も増便する。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…