国交省、エア・ドゥに厳重注意、整備実施の不正処理などで

国土交通省は2014年9月26日、エア・ドゥ(HD)が行うべき整備の実施期限を超過している事例や、超過しているのにも関わらず、システム上ではそうでないように不正処理していたことが発覚したことなどから、同社に対し、安全運航の前提である「整備の確実な実施」の観点において重大な問題であるとして厳重注意を行った。同時に同事例が発生した原因・背景を調査し、必要な再発防止策を検討のうえ、10月10日までに報告するよう指示した。

国交省によると8月25日及び26日、エア・ドゥに対して行った安全監査で、適切な器具を用いて検査を行ったことが確認できない整備作業があったため、同種事例の調査を指示したところ、同社から9月2日、ボーイング式767-300型機の主翼前縁高揚力装置について、整備の実施期限を超過しているにもかかわらず、整備管理システム上では期限を超過していないように不正な処理を行い、整備を先送りした事例が発見されたとの報告があった。

さらに、同社が整備の管理を行う航空機のほかの整備記録を確認したところ、整備の実施期限を超過している事例が3件確認された。このため、航空局が同社に対し9月8〜12日、22日、24〜25日に安全監査を実施。整備の実施期限を超過している事実を発見した際に適切な措置を行わず、また、全ての整備作業が期限内に実施されていることを定期的に事後確認する際にも確認が適切に行われていないことが明らかとなったという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…