関空、第一ターミナル北ウイングでA380対応ゲートの供用開始

関西国際空港は、エアバス社の大型機A380のアッパーデッキ対応を可能する改修を完了した。第1ターミナル北ウイング11番ゲートで、2014年10月24日から供用を開始する。

関西国際空港は、A380のアッパーデッキに対応する搭乗橋を開設するために2013年12月から整備費用約6億円をかけて、南北ウイング各1スポットの改修を行ってきた。南ウイング31番ゲートでも同様の改修が行われており、12月末までには完了する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。