山形新幹線「とれいゆつばさ」で東北復興キャンペーン、運行以来初の上野発、足湯スペースのある観光列車で

JR東日本は2017年2月、山形新幹線「とれいゆつばさ」車両を利用した特別プランを提供する。東北の復興支援を目的とするキャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」の一環として、運行開始以来はじめて上野駅から出発するもの。

「とれいゆつばさ」は、2014年7月から福島/新庄間を運行している観光列車。お座敷指定席や足湯を楽しめるスペースが設置されているほか、山形県など沿線各地の食・歴史・自然などを意識したデザインが施されている。通常は山形新幹線区間の福島~新庄間を週末に1往復するが、今回は上野~福島間も運行。到着は山形駅または天童駅だ。

今回の商品は、クラブツーリズムと阪急交通社、びゅうトラベルサービスが販売。クラブツーリズムは2017年2月3日出発の1泊2日のプラン(3万7900円から)を、阪急交通社は2月16日出発の2泊3日プラン(5万9000円)を販売するほか、今後別のコースも予定。びゅうトラベルサービスは2月23日出発の1泊2泊のとして複数プランを販売する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…