夜行列車の個室をイメージしたカプセルホテル、JR西日本が新ブランドで展開

ホテルのイメージ:JR西日本の発表資料より

JR西日本とファーストキャビンの合弁会社・JR西日本ファーストキャビンは、新ブランドのカプセルホテル「ファーストキャビンステーション」の展開を発表した。2017年秋に大阪阿倍野と和歌山にオープンする。

合弁元の両社の特徴を活かしたホテル展開が特徴で、コンセプトは飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルの「ファーストキャビン」を踏襲しつつ、夜行列車の個室をイメージしたデザインとする。

キャビンは床面積4.4平方メートルのファーストクラスキャビンと、2.5平方メートルのビジネスクラスキャビンの2種類を用意。120センチのセミダブルベッドをはじめ、滞在空間として快適に過ごせるような機能やデザインを施す。また、館内にはラウンジスペースや大浴場、無料Wi-Fiも完備。セーフティボックスや荷物預かりサービスも用意する。

2017年秋に開業予定の2ホテルの概要は以下の通り。

【ファーストキャビンステーションあべの荘】

  • 所在地:大阪府大阪市阿倍野区
  • キャビン数:約120キャビン(予定)
  • 最寄駅:天王寺駅

【ファーストキャビンステーション和歌山駅】

  • 所在地:和歌山市
  • キャビン数:約70キャビン(予定)
  • 最寄駅:和歌山駅

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…