HIS連結業績、旅行業の売上高・営業利益が過去最高、ハウステンボスは上場申請の準備へ ー2019年10月期第1四半期

エイチ・アイ・エス(HIS)の2019年10月期第1四半期(2018年11月1日~2019年1月31日)の連結業績は、売上高が前年比13.8%増の1872億7600万円、営業利益が46.7%増の59億8100万円、経常利益が31.4%増の51億9900万円で、四半期純利益は80.9%増の23億5600万円で、売上高・利益とも2ケタ増となった。

ただし、部門別でみると主力の旅行業は好況だったものの、第2の柱であるハウステンボスグループ、第3の柱として強化中のホテル事業はいずれも減収減益。九州産交グループは増収も、コスト高が影響し減益となった。

旅行業は当期間中、日本人出国者数が7.1%増、訪日外客数も5.0%増と市場環境が良く、取扱も順調。特に、新年恒例のキャンペーン「初夢フェア」では12月から開始したオンラインでの先行展開に加え、広告やスケジュールの全国統一で集客効果の最大化を図り、好調に推移した。これらの結果、売上高は前年比14.3%増の1666億1700万円、営業利益は105.7%増の40億7100万円と大幅に増加し、過去最高となった。

また、旅行では法人事業で、日系企業向けの海外進出支援サービスを開始。海外での旅行事業では、北米でカナダを中心にOTAとホールセールを展開する「Red Label Vacations Inc.」を買収するなど、新たな展開にも着手。北米では前期に子会社化した「Merit Holdings Inc.」と、「JONVIEW CANADA INC.」と従来からの現地法人の「H.I.S. CANADA INC.」をあわせ、「H.I.S. CANADA HOLDINGS INC.」傘下として再編し、旅行事業の強化・拡大を図っていく。

ハウステンボスグループでは、売上高は3.1%減の74億1500万円、営業利益は10.3%減の17億7100万円で減収減益。海外客の大半を占める主要国の訪日市場の縮小が影響し、入場者数も2.8%減の70万8000人となった。

ホテル事業は、前期の売却(札幌と豪州のウォーターマークホテル)の影響により、売上高が1.4%減の30億8700万円、営業利益は34.8%減の2億5700万円と減収減益。九州産交グループは、売上高が2.5%増の58億8200万円、営業利益は22.0%減の1億8300万円。エネルギー事業は76.1%増の40億1400万円、営業利益は1億1800万円(前年は3200万円の損失)だった。

なお、HISでは決算発表と同日に、連結子会社であるハウステンボス株式会社及びハウステンボス・技術センター株式会社について、それぞれ東京証券取引所への新規上場の申請に向けた準備を開始したことを発表。また、九州産業交通ホールディングスについては、同社株券の公開買い付けを開始した。同社株式の第2株主である澤田ホールディングス(所有割合5%)の株式数104万4900株をすべて取得し、株式の所有割合を89.64%に拡大。同時に、同社の他の株主に対して株式の売却の機会を提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。