トリップアドバイザー、DMOや自治体の地域コンテンツをまとめた新コーナーを設置、スポンサーシップで

トリップアドバイザーは日本語版サイトで、自治体やDMOなどの観光機関に特化した「デスティネーションスポンサーシップ」を開始した。観光機関が同地の宿泊施設やレストラン、観光スポットなどの情報コンテンツを掲載するプラットフォームを提供するもので、トリップアドバイザー上の観光都市検索ページにおけるコンテンツのエンゲージメント向上を目指す。

具体的に提供する機能は、観光都市用のトラベルフィードページの上部に目立つように掲載できるカバー写真と、掲載写真10枚を選択して優先表示するフォトアルバム、トラベルフィードでの動的なディスプレイ広告の掲載枠、旅行情報や記事、動画を組み合わせてアピールできるカルーセルの4点。

トリップアドバイザーによると、すでに300以上の観光都市が同スポンサーシップで提携しており、コンテンツのエンゲージメントが25%向上しているという。

トリップアドバイザー:観光機関向けスポンサー提供コンテンツページの例

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。