デルタ航空、日米路線の減便を決定、羽田空港への集約計画は予定どおり3月29日に

デルタ航空は、新型コロナウイルスの影響を受け、2020年3月7日から4月30日まで日米路線の減便を決定した。対象は、東京、名古屋、関西空港発着路線の一部。また、季節運航の関西空港/シアトル便は今期のみ運休し、来期に再開する予定だ。

すべての東京/米国便を成田空港から羽田空港に集約する計画は予定通り3月29日に実施。シアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランド行きは羽田空港に移行することになる。

なお、成田/マニラ便は3月27日まで毎日運行し、その後は運休。ソウルとマニラ間の新規路線の就航は、予定していた3月29日から5月1日に変更になる。

デルタ航空::報道資料より

そのほか、運航スケジュールの詳細は3月7日にdelta.comに掲載。変更や払い戻し、その他の手続などの最新情報は下記から参照できる。

デルタ航空 新型コロナウイルスに関する運航情報

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。