京都市、新型コロナ追跡サービスを開始、店舗や施設で感染者発生時に利用者に通知メール

京都市は、市内の店舗や集客施設向けに「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を提供する。店舗や集客施設などの利用者から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合に、接触の可能性がある人を迅速に把握、保健所への相談を促すことで感染者の拡大を抑えるための仕組み。

京都市は、申請した店舗や集客施設向けに専用のQRコードを発行。利用者は、そのQRコードをスマートファンで読み取り、メールアドレスなどを登録する。プライバシーに配慮し、登録した利用日とメールアドレス以外の情報(氏名、住所、位置情報など)は収集されない。また、お知らせメールには、接触した疑いのある日や店舗名などは記載されない。ただし、クラスターが発生した際には開示する場合もある。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…