JTB、通訳案内士と旅するプライベート英語ツアーを発表、外国人目線で日本再発見

JTBのラグジュアリー旅行専門店「ロイヤルロード銀座」は2020年9月7日から、新商品「全国通訳案内士と旅をするプライベート英語ツアー」の受付を開始する。通訳案内士ならではのグローバルな視点で案内することで、日本の魅力を再発見してもらう試み。移動には、通常45人乗りにわずか10席の独立型シートを設置した大型バスや、アルファードクラスのハイヤーを用意し、3密回避とともに高級感を味わってもらう。

新型コロナウイルスの影響で激減したインバウンド需要に伴い、ガイドの機会を失った通訳案内士と、英語を勉強しながら旅を満喫したいシニアや語学留学の機会を失った学生らをマッチングする。

訪れる観光地、体験内容などは完全オーダーメイド。一般的な観光スポットである寺社仏閣についても、神社と寺院の違い、絵馬、賽銭の役割など、これまで数多くの外国人客を案内してきた通訳案内士ならではの目線での案内も重要視する。

旅行料金の一例は、東京都内発着の3日間モデル行程(浅草寺拝観、料亭でのワークショップと昼食、茶道・能体験など)、ハイヤー利用で1人16万8000円(6人で1台利用)からなど。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。