ワーケーションの定額サービスが誕生、東急系14施設で、稼働率低い平日利用で

リゾートワークスは東急シェアリングと連携し、ワーケーションをサブスクリプションサービスとして提供する「リゾートワークス」を開始する。これに先立ち、2020年10月19日~2021年1月31日まで、東急シェアリングが運営する東急バケーションズの14施設で、ワーケーションモニターを募集する。

リゾートワークスは、リゾートエリアの会員制施設やホテルを、特別価格で提供するサービス。稼働率の低い平日を利用することで、特別価格での提供を可能とした。ワークスペースとしての利用を意識し、通常のアメニティに加え、椅子やモニター、HDMIケーブル、電源タップなども用意する。

同サービスの公式リリースは今冬を予定している。

リゾートワークス 

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。