JAL連結決算、2021年度通期は最大2700億円の赤字予想、第2四半期は1612億円の損失、事業構造の見直しを加速

PATARA / Shutterstock.com

JALグループは、2021年3月期第2四半期連結業績(2020年4月1日~2020年9月30日)を発表した。当期も新型コロナウイルスの影響によって、厳しい事業環境が続いたことから、売上収益は前年対比74%減少の1947億円に減収し、EBIT(財務・法人所得税前利益)は前年同期の829億円の利益から2239億円の損失に、純損益も前年同期の541億円の利益から1612億円の損失に転落した。

これを受けて、通期連結業績について、売上収益は5300億円~600億円、EBIT損失は3800億円~3300億円、当期純損失は2700億円~2400億円と予想した。

第2四半期の国際旅客事業の旅客数は前年同期比97.7%減で、旅客収入は同96.6%減の91億円。国内旅客事業の旅客数は同76.1%減で、旅客収入は同75.6%減の696億円。

JALグループでは、厳しい状況を乗り切るため大胆なコスト削減を実施。燃油費などの収入・供給連動費用(変動費)については、対前年からの減収額5541億円の約40%にあたる2178億円を削減し、人件費や広告宣伝費、IT経費などの固定費も前年対比では341億円減少。今後合計1000億円の削減を目指す。また、投資計画については、計900億円の抑制を目指す。

JALグループでは、ポストコロナにおける航空需要の伸びの一時的な減退や、業務および観光需要の動向が大きく変化する可能性に備えて、需要動向に合わせた国際線の事業規模の見直し、フルサービスキャリア分野とLCC分野のポートフォリオの見直しなど、抜本的な事業構造の見直しを進めていく。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。